美しさは毎日の積み重ねから

肘の黒ずみの原因と改善方法 肘に限らず膝など関節のある部分は皮膚が薄く刺激を受けやすいため黒ずみが起こりやすい部分になります。
特に肘は摩擦や刺激、圧力などが受けやすい部分です。それらが加わることで皮膚が身を守ろうとすることによって角質が厚くなっていきます。それが繰り返されることで色素沈着が起きて黒ずみになってしまいます。
肘は皮脂腺が少ないため、皮脂や水分が少なく乾燥しやすい部分です。ちょっとした刺激でもダメージになってしまうなど黒ずみやすい環境が整っているといえます。
そんな肘の黒ずみを改善するためには、刺激を与えないことが大切です。
肘をついたり頬づえをつくなどの習慣が黒ずんでしまう原因になるため意識して行わないように心がけます。
また、体を洗う時も強い力でゴシゴシ洗うのではなく優しく洗うこともポイントです。
皮膚を柔らかくすることも大切のため、スクラブでマッサージするのも余分な角質を取ることにつながります。
手持ちの保湿クリームなどを塗ることもオススメです。
肘の黒ずみの原因と対処法 肘の黒ずみの主な原因は皮膚への摩擦や刺激と考えられています。これらの刺激が加わると皮膚が身体を守ろうと角質が厚くなっていき、その繰り返しが蓄積されていくことで黒ずんでいき、落ちにくくなるといわれています。皮脂や水分が少なく乾燥しやすい部分のため、ほおづえをついたりといった刺激でもダメージが大きくなります。
日頃からほおづえを付く癖がある場合はまずは、その癖を治すだけでも肘の黒ずみの進行を抑えることができます。既にできてしまっている場合は湯船にゆっくりと入り、皮膚が柔らかくなったところでスクラブなどを利用して優しくマッサージすることで色素沈着が少しずつ気にならなくなるでしょう。角質ケアは頻繁に行うと反対に刺激になってしまうため、月に1〜2回を目安に行うようにしましょう。また、お肌が乾燥していると刺激を受けやすいためこまめに保湿をすることも大切です。角質ケアは一回で全て取れるわけではないので、少しずつ行うようにしましょう。

更新履歴